サポート情報

高額療養費制度について

自己負担限度額(2017年8月現在)

患者さんの年齢、所得の水準によって自己負担の限度額は変わります。

70歳以上

所得区分 月間の自己負担限度額 基準 外来のみ(個人単位) 入院あり(世帯単位) 1~3回目(1~3カ月目) 4回目以降(4ヵ月目以降) 現役並み所得者 月収(標準報酬月額)28万円以上などの窓口負担3割の方 57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円 一般 現役並み所得者・低所得者以外の方 14,000円 57,600円 44,400円 低所得者 Ⅱ 住民税非課税の方(Ⅰ以外) 8,000円 24,600円 Ⅰ 住民税非課税の方(年金収入のみの方の場合、年金受給額が80万円以下など総所得金額がゼロの方) 15,000円所得区分 月間の自己負担限度額 基準 外来のみ(個人単位) 入院あり(世帯単位) 1~3回目(1~3カ月目) 4回目以降(4ヵ月目以降) 現役並み所得者 月収(標準報酬月額)28万円以上などの窓口負担3割の方 57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円 一般 現役並み所得者・低所得者以外の方 14,000円 57,600円 44,400円 低所得者 Ⅱ 住民税非課税の方(Ⅰ以外) 8,000円 24,600円 Ⅰ 住民税非課税の方(年金収入のみの方の場合、年金受給額が80万円以下など総所得金額がゼロの方) 15,000円

70歳未満

所得区分 月間の自己負担限度額 社会保険加入の方 国民健康保険加入の方 標準報酬月額 年収(目安) 1~3回目(1~3ヵ月目) 4回目以降(4ヵ月目以降) ① 83万円以上 1,160万円以上 252,600円+(医療費(*1)-842,000円)×1% 140,100円 ② 53万~79万円 770~1,160万円 167,400円+(医療費(*1)-558,000円)×1% 93,000円 ③ 28万~50万円 370~770万円 80,100円+(医療費(*1)-267,000円)×1% 44,400円 ④ 26万円以下 370万円未満 57,600円 44,400円 ⑤ 住民税非課税の方 35,400円 24,600円所得区分 月間の自己負担限度額 社会保険加入の方 国民健康保険加入の方 標準報酬月額 年収(目安) 1~3回目(1~3ヵ月目) 4回目以降(4ヵ月目以降) ① 79万円以上 1,160万円以上 252,600円+(医療費(*1)-842,000円)×1% 140,100円 ② 53万~79万円 770~1,160万円 167,400円+(医療費(*1)-558,000円)×1% 93,000円 ③ 28万~50万円 370~770万円 80,100円+(医療費(*1)-267,000円)×1% 44,400円 ④ 26万円以下 370万円未満 57,600円 44,400円 ⑤ 住民税非課税の方 35,400円 24,600円
  • 直近12ヵ月以内に3回(3ヵ月)以上高額療養費制度の適用を受けている場合、4回目(4ヵ月目)以降の限度額がさらに引き下がります(「多数回該当」制度といいます)(*2)。
  • *1 医療費:1ヵ月間にかかった医療費(10割)
  • *2 転職や移転などによりご加入の医療保険が途中で変更になった場合、多数回該当制度が適用されないことがあります。
ご自身が実際にどの所得区分に該当するかなどについては、ご加入の医療保険の窓口にお問い合わせください。
連絡先などはお手持ちの健康保険証に記載されています。
ご加入の健康保険によっては、上記よりも負担が更に下がる「付加給付」を実施している場合があります。
  • 厚生労働省保険局資料(高額療養費制度を利用される皆さまへ):平成29年8月
監修:
新潟薬科大学 薬学部薬学科 教授 /
恒仁会新潟南病院 血液内科 特任部長 青木定夫 先生