検査・診断

病気の広がりや進行の程度(CLLの病期分類)

病気の進行の程度(病期)は、Bリンパ球の数や、リンパ節の腫れている数によって分類されます。
進行の程度により、今後の病状(予後)に違いがあるといわれています。
Rai分類の高リスクおよびBinet分類のC期では治療開始が推奨されています1)

人体のリンパ節人体のリンパ節

改訂Rai分類2)

改訂Rai分類の表改訂Rai分類の表
  • † Bリンパ球のことです。
  • ‡ 現在のCLL診断規準[日本血液学会 編: 血液専門医テキスト(改訂第2版):288-292, 南江堂, 2015.] では、Bリンパ球数が≧5,000/μLとなっているため、造血器腫瘍診療ガイドライン2013年版より変更しました。

Binet分類2)

Binet分類の表Binet分類の表
  • リンパ節領域は①頭頸部、②腋窩、③鼠径部、④脾臓、⑤肝臓の5領域(両側でも1領域と評価する)。身体診察のみの所見である。
  • 1)Hallek M, et al.: Blood 111: 5446-5456, 2008.
  • 2)日本血液学会 編: 造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版, 金原出版, 2013. より改変
監修:
新潟薬科大学 薬学部薬学科 教授 /
恒仁会新潟南病院 血液内科 特任部長 青木定夫 先生