CLL/SLLについて

CLL/SLLの主な症状

CLL/SLLは、ゆっくりと進行する病気で、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
そのため、他の病気で通院した際や、健康診断などの血液検査で、異常なBリンパ球の増加を発見されることが多いとされています。
病気が進行するにつれて、倦怠感(だるさ)、リンパ節や脾臓、肝臓の腫れなどの症状があらわれてきます。

白血球の増加など(ほとんど症状はありません) だるさ 発熱 感染症 食欲不振 リンパ節の腫れ(痛みがないことが多いです)白血球の増加など(ほとんど症状はありません) だるさ 発熱 感染症 食欲不振 リンパ節の腫れ(痛みがないことが多いです)
監修:
新潟薬科大学 薬学部薬学科 教授 /
恒仁会新潟南病院 血液内科 特任部長 青木定夫 先生