CLL/SLLについて

CLL/SLLの頻度や原因

CLL/SLLの患者さんのおよそ半数は、発症時に症状がなく、一般的にはゆっくりと進んでいきます。
治療をせずに10年以上過ごす患者さんもいます。

CLL/SLLの頻度

  • 欧米では成人の白血病全体の20~30%を占めています1)
  • 日本では、欧米の10分の1以下と、数の少ない病気です1)

発症年齢・性別

  • CLL/SLLは高齢者に多い病気で、発症の平均年齢は67~72歳とされています2)
  • 女性よりも男性でやや多く、男女比はおよそ1.7:1です3)

CLL/SLLの原因

  • 原因は明らかになっていません。
  • 1)青木定夫:臨と研.90:57-62,2013
  • 2)Hallek M,et al.: Blood.111: 5446-5456, 2008.
  • 3)Hallek M: Am J Hematol 90: 446-460, 2015.
監修:
新潟薬科大学 薬学部薬学科 教授 /
恒仁会新潟南病院 血液内科 特任部長 青木定夫 先生