検査・診断

CLL/SLLの進行と今後の見通し

1) 病気の進行の程度から予測される生存期間

CLL/SLLの今後の病状についての医学的な見通し(予後)は、診断時点における病気の進行の程度(病期)により予測できます。

Rai病期分類ごとの生存期間(海外データ)

Rai病期分類ごとの生存期間(海外データ)の表Rai病期分類ごとの生存期間(海外データ)の表

Binet病期分類ごとの生存期間(海外データ)

Binet病期分類ごとの生存期間(海外データ)の表Binet病期分類ごとの生存期間(海外データ)の表
  • このデータは2006年よりも前のもので、2006年以降に登場した新しい治療方法による成績は加味されていません
  • Montserrat E: Hematology Am Soc Hematol Educ Program: 279-284, 2006.

2) 今後の病状に影響する要因

CLLは、病気の進行の仕方(予後)が、患者さんによってさまざまに異なる病気です。
予後に影響する要因がいくつか知られていますが、そのうちの一つが、染色体の一部が欠ける異常です。

染色体の異常(欠失)

染色体の異常(欠失)の表染色体の異常(欠失)の表

染色体の異常の種類と予後

染色体の異常の種類と予後の表染色体の異常の種類と予後の表
  • 青木定夫.:臨と研 90: 57-62, 2013.
監修:
新潟薬科大学 薬学部薬学科 教授 /
恒仁会新潟南病院 血液内科 特任部長 青木定夫 先生