MCLについて

マントル細胞リンパ腫(MCL)とは

マントル細胞リンパ腫(MCL)とは、リンパ節のマントル帯に由来する異常なBリンパ球が増える血液のがん(B細胞リンパ腫の1つ)です。

リンパ節リンパ節

Bリンパ球

白血球の一種で、細菌やウイルスから体を守る免疫機能を担っています。

Bリンパ球Bリンパ球

B細胞リンパ腫のタイプについて

B細胞リンパ腫は、病気の進むはやさによって大きく3つに分類され、それぞれ対応が異なります。
MCLは、無治療の場合に年単位で進行するリンパ腫に分類されます。

年単位でゆっくり進行

  • マントル細胞リンパ腫(MCL)
  • 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫(CLL/SLL)
  • 濾胞性リンパ腫(FL) など

月単位で進行

  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫 (DLBCL) など

週単位で進行

  • バーキットリンパ腫(BL)/白血病
  • 日本血液学会 編: 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版: 166-178, 金原出版, 2018.
監修:
山形大学大学院医学系研究科 内科学第三講座
血液・細胞治療内科学分野 教授 石澤賢一 先生